奥秩父の旅

5月13日~15日
1日目、栃本~四里観音避難小屋(泊)
2日目、四里観音避難小屋~十文字小屋~甲武信ヶ岳~雁坂小屋(泊)
3日目、雁坂小屋~雁峠~広川~新地平

雁峠にて
f0194829_1154597.jpg

山に登るという事は絶対に山に寝る事でなければならない
山から出たばかりの水を飲むことでなければならない
中略
そして山その物と自分というものの存在が根底においてしっくり融け合わなければならない
田部重治「山と渓谷」より

そもそも山登り=山旅と意識するようになったのは、田部重治の文を読むようになってから。
なので避けて通れない必然の道として、春ただ中の栃本入り奥秩父行となった。

パック
go lite Breeze

行動着
fine track スキンメッシュT
パタゴニア キャプリーン2長袖
go lite wispヤッケ
injinji靴下
montrail コンチネンタルディバイド
outdoor Researchハット
gossamer gear LT4杖

雨具
モンベル ピークシェルジャケット
パイネ レインスカート
ROCKY ゴアソックス

寝巻
パタゴニア パフボールジャケット
モンベル インナーダウンパンツ
イスカ 象足
モンベルULダウン4番

もっとさらにMore
[PR]
# by yasler | 2010-05-21 01:46 | 歩記

残雪の鷹ノ巣山

2010年1月29日~30日
奥多摩駅~倉戸口~櫂ノ木尾根~日陰名栗峰(泊)~鷹ノ巣山~六つ石山~ハンノキ尾根~水根

残雪と呼ぶにはあまりにも雪の少ない奥多摩へ。
ずっと気になっていた櫂ノ木尾根を歩いた。
時間が経ってしまい新鮮な文が綴れないので、写真メインでざっと記したい。

去年買って使う機会が無かったGO-LITE GUSTとgossamer gearの杖LT4を初投入。
f0194829_1536558.jpg


さらにもっとMore
[PR]
# by yasler | 2010-02-03 15:53 | 歩記

山の営み

先日の飯豊山行で林道を歩いていると唐突に、飯豊山寄覧所館なる公民館のような建物があった。
中をのぞくと無人で山の民俗資料館のようになっていた。
f0194829_0513624.jpg

昔使っていただろう、猟具や農機具、登山用品が陳列してあった。
ボクはこの手の物を見るとたちまち興奮してしまうタチなので、すみずみまで眺めていた。
f0194829_15389.jpg


More
[PR]
# by yasler | 2009-09-08 01:54 | 雑記

(痛恨の)飯豊連峰縦走

時間たってしまったのでざっと。
ダニのあとはだいぶひいたが、まだ痒い。
f0194829_1134472.jpg

8月27~31日(予定)
1日目 新宿(夜行バス)~会津若松(鉄道)~山都駅(路線バス)~いいでの湯(林道歩き)~川入キャンプ場(泊)

2日目 川入キャンプ場~三国岳~切合小屋~本山小屋(泊)

3日目(予定)本山小屋~飯豊山~御西小屋~北股岳~門内小屋(泊)

4日目(予定)門内小屋~梶川尾根~飯豊山荘(路線バス)~小国駅

の所を3日目に飯豊山へは行かず川入へと引き返した。

8月中旬までは山都駅から川入までバスが出ているらしいが、この時期はいいでの湯までしか行かないので林道を2時間半ほど歩くことになる。
そんな酔狂な事をする人間は他にはなく皆自家用車でキャンプ場まで来ていた(皆夜になってから来て車中泊していた)。

管理人がいないのでタダかと思いきや、夕方やってきて1000円徴収して帰って行った(夜やってきたマイカー組は金を払っていない!!)。
他に利用者はなく管理人が構わないというので炊事場の屋根の下で寝た。

そしてここでダニにやられたと思われる。
他にも蚊、カマドウマ(便所コオロギ)、ブヨ、セミなど昆虫のオンパレードだった。
セミが枕元でうるさいので見てみると、カマドウマがセミを食べていた。

朝が来て深夜バス、虫の襲来と2晩続けての寝不足のまま雨の中歩き出す。
f0194829_1453459.jpg


続きはこちら
[PR]
# by yasler | 2009-09-05 02:35 | 歩記

(敗退の)飯豊連峰縦走

悪天のため縦走ならず、飯豊本山にも登らず撤退。

残されたのは水を吸ったタープと、100箇所以上のダニ食いの痕のみ。
f0194829_23195351.jpg

f0194829_232311.jpg

[PR]
# by yasler | 2009-08-30 23:20 | 歩記