北アルプスHike装備表

1)袋 496g
ザック)GOLITE DAWN(シーム込み) 448 g
パックライナー) 東京都指定ゴミ袋70ℓ 48g

2)寝床&屋根 1787g
シェルター)GOLITE HUT2(シーム込み)サック無し 649g
スリーピングバッグ) ISUKA AIR150 367g 
スリーピングバッグカバー) モンベル ULブリーズドライテック 189g
マット) THERMAREST RIDGREST SMALL改  230g
グランドシート)Tyvek 162g
ペグ)MSR 10g×4 
   snowpeak 12g×5
スタッフバック) GRANITE GEAR 90g
 
3)調理 198g
クッカー)MSR チタンカップ0,4ℓ 56g
アルミホイルふた2g 
ストーブ)T`s stove 超軽ブラッシュ 16g 
      100円ライター 13g
ウインドスクリーン) T`s stove Ti ペグ五徳風防(五徳なし) 27g 
食器)UNIFLAME スプーン 18g
水筒)プラティパス2,5ℓ 39g  
ハイドレーション)プラティパスBIG ZIP2 1ℓ 27g 

4)衣類 1886g
レインウェア)モンベル ピークシェルジャケット 273g
  モンベル レインダンサーパンツ 133g
モンベル ULトレッキングアンブレラ 159g
ロッキー ゴアソックス 78g
ウィンドシャツ)GOITE イーサウィンド 101g
防寒着)patagonia micro puff hooded jaket 635g 
防寒着)モンベル インナーダウンパンツ 184g
予備シャツ) patagonia キャプリーン1 127g  
予備ソックス) インジンジ 56g×2
スタッフバック) GRANITE GEAR  34g

5)基本アクセサリー159g 
ファーストエイドパック) 33g 
ライト)Black Diamond Spot(電池込み) 87g 
タオル)手ぬぐい 39g

BASE WEIGHT)4526g 

行動中身につけている物
キャップ) OR ハット 
アンダー)patagonia キャプリーン1半袖
シャツ)patagonia キャプリーン2長袖  
パンツ) patagonia GIⅡ zip off
ソックス)インジンジ 
タイツ)THE NORTH FACE BIOTEX 
シューズ)montrail コンチネンタルディバイド 
ストック)LEKI 

サコッシュの中
ナビゲーション)地図、スント コメット
ナイフ)ビクトリノックス クラシック

見づらい表だな。

やはりmicro puff の数値が目立つ。
カタログ値(595g)よりだいぶ重いのは湿気のせいだろうか?

まあ、全体的に崩壊気味のシステムと言えると思う。
何で雨具のトップがブリーズドライテックでパンツがゴアなのか?

ゴアからブリーズドライテックに移行中だが予算がまわらないからだ。
[PR]
# by yasler | 2008-10-26 00:15 | 表記

北アルプスHike

9月19日~21日 一ノ沢~常念小屋~常念岳~蝶ヶ岳ヒュッテ~蝶ヶ岳~徳沢~上高地
自称「Light weightどまりハイカー」T君と。

レポート遅くてすみません。
f0194829_1433682.jpg

台風の影響で3日間ほぼ雨だったけど、初日の夕方奇跡的に晴れて常念天場から槍越しに夕焼けを見れたのはラッキーだった。
小屋の人いわく「今シーズン一番の夕焼け」とのこと。

GOLITE DAWN
こんなにパンパンになったのはパタのmicro puff hoodedのせい。
オーバースペックだったけど化繊ジャケこれしか無いんでしかたない。
なのでシュラフはフードなしのISUKA Air150。
へんちくりんな寝床になってしまった。
f0194829_1445710.jpg

GOLITE HUT2
張りやすいし見た目も気に入っている。
しかしでかい、持て余している。
蝶ヶ岳ヒュッテ天場
僕らの他に4張りほど。
広くて良さげな場所があったが不穏な気配を感じ別の所にした。
案の定、夜中降り続いた雨で池になっていた。
f0194829_1482614.jpg

手前はT君のフライのみアクト
f0194829_19431581.jpg

T‘s 超軽ブラッシュ 風防(ペグ五徳無し) MSRチタンマグ
かなり気に入っている組み合わせ。 
アルミホイルのフタはアルミのカスがカップに入るのでよろしくない。
f0194829_1371946.jpg

f0194829_139159.jpg

リッジレスト3/4をさらにカットして足元をカバー。
冬季は素直にレギュラーを使う方が良いかと。
f0194829_192631100.jpg

道具についてはまた後日書こう。
f0194829_1375268.jpg

f0194829_129283.jpg

f0194829_1315125.jpg

晴れて見えるけどほぼ曇り。
穂高の稜線にはずっとベールのように雲がかかっていた。
f0194829_1242874.jpg

雨とガスにうんざりして、うらみつらみを言いながら歩いていたけど「ほらよ」とばかりにこんな光景を見せられてしまっては憎めない。
[PR]
# by yasler | 2008-10-06 18:18 | 歩記