カテゴリ:歩記( 36 )

八ヶ岳縦走Hike?

2008年10月28日~30日
単独
茅野駅~美濃戸口~御小屋尾根~阿弥陀岳~行者小屋泊~横岳~硫黄岳~白駒池泊~麦草峠~縞枯山~ピラタスロープウエイ~茅野駅
f0194829_23164100.jpg


強風とガスに怯え、地面にはいつくばって移動する行為をハイキングとは認めない。

近日公開。
[PR]
by yasler | 2008-11-04 01:03 | 歩記

奥秩父Hike3日目

最終日。予定では雲取まで行き、鴨沢に下山だけど果たしてどうなるのか?
前夜のアルファ米の残りにスープを足したおじやを朝食とした。
このごろ食後はコーヒーではなくココアにしている。
f0194829_23284211.jpg

f0194829_23271051.jpg

今日も相変わらずこんな素敵なトレイルを行く。
この将監小屋からハゲ岩までの道は、今回の山行のなかでも特に素晴らしい道だった。
適度なアップダウンと深い森、そして時折見える富士山の眺望、と完璧に近い道ではないだろうか。
地図では名称以外に特に明記されていないが飛龍への分岐の手前で少しトレイルを外れてハゲ岩に行く事をオススメする。
f0194829_093598.jpg

f0194829_095659.jpg

こんな絶景に出会えるから。
別に用はないだろうとパスしようと思っていたが、偵察に行っていたT君が「行ったほうが良いよ」と言うので覗いてみたらこんなだった。

さてこの先の分岐で、ある決断を迫られる事になる。
実はT君が前日よりヒザを痛めており雲取までは無理との自己診断。
なので残念だがここでエスケープする事に決定。

1、ミサカ尾根を通り、丹波下山。
2、ミサカ尾根、天平尾根を通り、親川下山。
3、三条の湯から後山林道でお祭り下山。

2は何故か全く候補に挙がらなかった(後に素晴らしい場所がある事を知る)。
1は距離は短いが地図の等高線とコースタイムからするとかなりの急坂の下りと思われる。
僕は以前に後山林道を歩いた事があり、だらだらと長い林道下りだがヒザには良いだろうと3を勧めたが「急でも距離が短いほうが楽だ」とT君が言うので3に決定。

しかし予想通りの急坂にかなり苦戦していた。後ろから見ていた僕はかなり肝を冷やした。
ここを逆ルートで登る人はかなりの覚悟が必要かと。
f0194829_0165763.jpg

何とか下りきってなだらかな所で一息つく。
ここから先はスイッチバックの下りが待っている。
長沢背稜から天祖山、八丁橋への下りに似てズルズルと滑って注意が必要。

f0194829_3191286.jpg

(photo by T)
f0194829_3201088.jpg

(photo by T)

f0194829_0361510.jpg

終盤に結構なスリリングな展開が待っていたが無事丹波の里へ下りてきた。
上高地のような観光地ではなくこういう生活感のある村に下りてくるあたりが、最後まで情緒ある「山旅」だったなと感慨深かった。
f0194829_043656.jpg

のめこい湯で垢を落として急行で帰り、三鷹のお店に下山報告をして山行は幕を閉じた。
[PR]
by yasler | 2008-11-01 00:59 | 歩記

奥秩父Hike2日目

空身でピストンというのは好きではないけど、あまりにも朝焼けがキレイなので甲武信山頂へ駆けた。
f0194829_2402385.jpg

こういう光景は何とも良いカンフル剤になる。
f0194829_2404556.jpg

今日の工程は長い。峠を三つも越えなければならない。
f0194829_2513482.jpg

こんな優しい道なのでサクサク歩ける。
「気持ち良い」を二人で連発しながら歩く。
f0194829_252464.jpg

展望の無い樹林帯ばかりかと思いきや、ちゃんと開けた場所が出てくる。
なんとも良くできたトレイルだ。
f0194829_25328100.jpg

一つ目の峠、雁坂峠。
地図上だと幕営予定の将監小屋まで水場がないので(閉鎖している雁坂山荘の水場は使用不可)雁坂小屋の水場まで下りたが、まあヒドイ急坂だった。
今回一番の難所だったかも知れない。
往復20分のロス+5分ほど動けなかった。
しかもこの先地図上にない水場がドバドバあった。

ここから細かいアップダウンが連続する。
10分位登ると展望のないピークが現れて、良い具合に木のベンチがあるので息を整える。
f0194829_2535199.jpg

これを何度も繰り返すと出てくる開けた所が本日二つ目の峠、雁峠。
f0194829_2545338.jpg

ここで昼食にしたが、まあ風が吹き抜けて寒い。
風情のある場所が必ずしも休憩にふさわしいわけではないと気付く。
f0194829_2552180.jpg

乾パン、ビスケット、春雨スープを食す。
行動食として柿ピー、チョコ等を摂取しながら歩いているのでカロリー的には足りていると思う。
とにかく湯を沸かして暖かい物を取り入れるのが重要。

殆ど人には会わなかったが一ノ瀬高原方面から上がってくるのだろうか、笠取山に近づくとやたら人が増えてくる。
あまり興味が沸かないので巻いていく。
多摩川のスタート地点「水干」地図では水場とは書かれていない。
f0194829_256476.jpg

先ほどの決死の飲料水補給作戦を思い、やりきれない気持ちで飲んだ。美味い。

三つ目の峠、将監峠を下りると本日の幕営地、将監小屋に。
f0194829_38372.jpg

ここの天場は広くて、見晴らしが良いので中々素晴らしい。
水もじゃんじゃか出ている。
f0194829_2594192.jpg

段々になっている下の方に幕営。僕らの他には4張りほど。
草地なので難なくペグが刺さる。

小屋の軒下を借りて炊事。
写ってないけどT君vargoのアルコールストーブ使用。
f0194829_30526.jpg

アルファ米にhikersdepotで購入した大豆ミート(代用肉)ひじき、切り板麩を入れてカレー粉で味付け。
f0194829_303293.jpg

カレー粉の選定を誤ったか・・・ひじきの風味が全部殺されている。
ちゃんと土屋さんのレシピを読むべきだった。
火器はT‘sStove超軽ブラッシュ、MSRチタンカップ。

もっと整頓したいなと思うがいつもこうなる。
f0194829_363381.jpg

montbellULSSダウンハガー#4、インナーダウン上下、フラッドラッシュスキンメッシュ半袖、キャプ2長袖で汗をかいて寝た。
タイベックに替わるグラウンドシート模索中。
温度計が壊れて正確な室温が分からないが、小屋の温度計からすると7~8℃か。
f0194829_37144.jpg

下地が草でこれだけ気温高ければ当然結露はする。
換気するにはHUT2はベンチレーションがないのでドアを開けるしかない。
まあ、横殴りの雨でなければいつも半分くらい開けている。

続く。
[PR]
by yasler | 2008-10-30 21:59 | 歩記

奥秩父Hike

10/11~13日
自称「Light Weightどまりハイカー」T君と、奥秩父主脈縦走路を歩く。
「山梨から東京に歩いて帰る」がテーマだったけど、よんどころのない事情により直前でエスケープ。
だけど天気にも恵まれて、なかなか最高な山旅だったと言えよう。
一言で言うと「水戸のご老公御一行が歩いていそうな道」だった。
f0194829_2235391.jpg


続く。
[PR]
by yasler | 2008-10-26 00:16 | 歩記

奥秩父Hike1日目

塩山駅(0750発)~大弛峠(0850着0900発)~国師岳(0930着)~富士見(1200着1230発)~甲武信ヶ岳(1310着1330発)~甲武信小屋(1400着)
f0194829_2282784.jpg

取り付きの大弛峠まで塩山駅よりタクシー、1時間で11000円ほど。
急ぐのは良いけど、一般車をあおるのはやめてけれ。

大弛峠
f0194829_2285340.jpg



大弛小屋(水場あり)
小雨降る中出発するがカッパを着るほどではなく、ウインドジャケットで歩きだす。
けっこうな寒さ。

木の階段続きで楽なのは良いけど、いつまで続くんだと思ってたらあっけなく国師の頂上に。
今回のルートは天気がよければ稜線からずっと富士山が拝めるはず。
国師からは雲が低くて見えなかった。

2時間程樹林帯を歩くと突然開けて、素晴らしい眺めのテラスに出たのでここで昼食。
f0194829_234283.jpg

今回昼食は煮たり炊いたりする食品は用いずにドライフルーツ入りのチョコバー、SOYJOY、乾パンとした。
この様な菓子的な食事でも、暖かい飲み物があれば十分動くためのエネルギーとなる事がわかった。
f0194829_238423.jpg

再び樹林帯を歩き続けて、岩が露出した所を登ると甲武信ヶ岳山頂に出た。
雲が出ていて展望は良くない。
僕らが昼食を摂ったテラスがよくみえる。
ここから見ると結構な断崖だ。
山頂で会ったおじさんが「あそこは自殺の名所だ」などと言う。
ぬぅ・・・。
甲武信小屋まで下り、幕営。

GOLITE HUT2
f0194829_2345263.jpg


T君のヘネシーハンモック用タープ(この後張り方変えてた)
f0194829_235914.jpg


明日は天気良いはず。
[PR]
by yasler | 2008-10-26 00:16 | 歩記

北アルプスHike

9月19日~21日 一ノ沢~常念小屋~常念岳~蝶ヶ岳ヒュッテ~蝶ヶ岳~徳沢~上高地
自称「Light weightどまりハイカー」T君と。

レポート遅くてすみません。
f0194829_1433682.jpg

台風の影響で3日間ほぼ雨だったけど、初日の夕方奇跡的に晴れて常念天場から槍越しに夕焼けを見れたのはラッキーだった。
小屋の人いわく「今シーズン一番の夕焼け」とのこと。

GOLITE DAWN
こんなにパンパンになったのはパタのmicro puff hoodedのせい。
オーバースペックだったけど化繊ジャケこれしか無いんでしかたない。
なのでシュラフはフードなしのISUKA Air150。
へんちくりんな寝床になってしまった。
f0194829_1445710.jpg

GOLITE HUT2
張りやすいし見た目も気に入っている。
しかしでかい、持て余している。
蝶ヶ岳ヒュッテ天場
僕らの他に4張りほど。
広くて良さげな場所があったが不穏な気配を感じ別の所にした。
案の定、夜中降り続いた雨で池になっていた。
f0194829_1482614.jpg

手前はT君のフライのみアクト
f0194829_19431581.jpg

T‘s 超軽ブラッシュ 風防(ペグ五徳無し) MSRチタンマグ
かなり気に入っている組み合わせ。 
アルミホイルのフタはアルミのカスがカップに入るのでよろしくない。
f0194829_1371946.jpg

f0194829_139159.jpg

リッジレスト3/4をさらにカットして足元をカバー。
冬季は素直にレギュラーを使う方が良いかと。
f0194829_192631100.jpg

道具についてはまた後日書こう。
f0194829_1375268.jpg

f0194829_129283.jpg

f0194829_1315125.jpg

晴れて見えるけどほぼ曇り。
穂高の稜線にはずっとベールのように雲がかかっていた。
f0194829_1242874.jpg

雨とガスにうんざりして、うらみつらみを言いながら歩いていたけど「ほらよ」とばかりにこんな光景を見せられてしまっては憎めない。
[PR]
by yasler | 2008-10-06 18:18 | 歩記