奥秩父Hike2日目

空身でピストンというのは好きではないけど、あまりにも朝焼けがキレイなので甲武信山頂へ駆けた。
f0194829_2402385.jpg

こういう光景は何とも良いカンフル剤になる。
f0194829_2404556.jpg

今日の工程は長い。峠を三つも越えなければならない。
f0194829_2513482.jpg

こんな優しい道なのでサクサク歩ける。
「気持ち良い」を二人で連発しながら歩く。
f0194829_252464.jpg

展望の無い樹林帯ばかりかと思いきや、ちゃんと開けた場所が出てくる。
なんとも良くできたトレイルだ。
f0194829_25328100.jpg

一つ目の峠、雁坂峠。
地図上だと幕営予定の将監小屋まで水場がないので(閉鎖している雁坂山荘の水場は使用不可)雁坂小屋の水場まで下りたが、まあヒドイ急坂だった。
今回一番の難所だったかも知れない。
往復20分のロス+5分ほど動けなかった。
しかもこの先地図上にない水場がドバドバあった。

ここから細かいアップダウンが連続する。
10分位登ると展望のないピークが現れて、良い具合に木のベンチがあるので息を整える。
f0194829_2535199.jpg

これを何度も繰り返すと出てくる開けた所が本日二つ目の峠、雁峠。
f0194829_2545338.jpg

ここで昼食にしたが、まあ風が吹き抜けて寒い。
風情のある場所が必ずしも休憩にふさわしいわけではないと気付く。
f0194829_2552180.jpg

乾パン、ビスケット、春雨スープを食す。
行動食として柿ピー、チョコ等を摂取しながら歩いているのでカロリー的には足りていると思う。
とにかく湯を沸かして暖かい物を取り入れるのが重要。

殆ど人には会わなかったが一ノ瀬高原方面から上がってくるのだろうか、笠取山に近づくとやたら人が増えてくる。
あまり興味が沸かないので巻いていく。
多摩川のスタート地点「水干」地図では水場とは書かれていない。
f0194829_256476.jpg

先ほどの決死の飲料水補給作戦を思い、やりきれない気持ちで飲んだ。美味い。

三つ目の峠、将監峠を下りると本日の幕営地、将監小屋に。
f0194829_38372.jpg

ここの天場は広くて、見晴らしが良いので中々素晴らしい。
水もじゃんじゃか出ている。
f0194829_2594192.jpg

段々になっている下の方に幕営。僕らの他には4張りほど。
草地なので難なくペグが刺さる。

小屋の軒下を借りて炊事。
写ってないけどT君vargoのアルコールストーブ使用。
f0194829_30526.jpg

アルファ米にhikersdepotで購入した大豆ミート(代用肉)ひじき、切り板麩を入れてカレー粉で味付け。
f0194829_303293.jpg

カレー粉の選定を誤ったか・・・ひじきの風味が全部殺されている。
ちゃんと土屋さんのレシピを読むべきだった。
火器はT‘sStove超軽ブラッシュ、MSRチタンカップ。

もっと整頓したいなと思うがいつもこうなる。
f0194829_363381.jpg

montbellULSSダウンハガー#4、インナーダウン上下、フラッドラッシュスキンメッシュ半袖、キャプ2長袖で汗をかいて寝た。
タイベックに替わるグラウンドシート模索中。
温度計が壊れて正確な室温が分からないが、小屋の温度計からすると7~8℃か。
f0194829_37144.jpg

下地が草でこれだけ気温高ければ当然結露はする。
換気するにはHUT2はベンチレーションがないのでドアを開けるしかない。
まあ、横殴りの雨でなければいつも半分くらい開けている。

続く。
[PR]
by yasler | 2008-10-30 21:59 | 歩記
<< 奥秩父Hike3日目 奥秩父Hike1日目 >>