残雪の鷹ノ巣山

2010年1月29日~30日
奥多摩駅~倉戸口~櫂ノ木尾根~日陰名栗峰(泊)~鷹ノ巣山~六つ石山~ハンノキ尾根~水根

残雪と呼ぶにはあまりにも雪の少ない奥多摩へ。
ずっと気になっていた櫂ノ木尾根を歩いた。
時間が経ってしまい新鮮な文が綴れないので、写真メインでざっと記したい。

去年買って使う機会が無かったGO-LITE GUSTとgossamer gearの杖LT4を初投入。
f0194829_1536558.jpg





ザックがでかいと調子に乗って色々詰めてしまうなあ。
使わなかった道具もいくつかあった。
杖には高いと文句を言っていたLEKIのスノーバスケットを着けて行ったが、まるで必要ないので外しておいた。
行動着上:fine track メッシュシャツ+キャプリーン2ロング+キャプ4ジップ+goliteヤッケ
行動着下:north faceタイツ+パタゴニアGI2ジップオフパンツ
足:コンチネンタルディバイド +インジンジ+中厚smart wool

地図の等高線を見るとなだらかな登りから急坂になってるようだが、そんなに激しい坂とは感じなかった。
天平ほどではないけどいい感じの広場もあって、奥多摩らしい気持の良い尾根だった。
f0194829_15371062.jpg


レンタル中のサーモス山専800ml。
お湯があるとないとでは山行の充実さがまるで違う。
重量増でも冬はあったほうが断然良いと実感した。
ちなみにサーモスよりテルモスという呼び方の方が好き。
f0194829_15373788.jpg


櫂ノ木山手前の破線ルートのノボリ尾根方面。
ここを登っているブログを見たけど、名前の通りの急坂らしい。
f0194829_1538110.jpg


こんなのもしっかりある。
クマ棚もけっこうあったので、時期によっては出会う率高いかも。
f0194829_153825100.jpg


石尾根に上がると申し訳程度の雪。
f0194829_15385927.jpg

適当に幕営。
久々のHUT2。
杖の強度が心配だったけどなんとか持った。
テント買う買うと言いつつまだ買ってない。
ONE SHOTもう無いしどうしたもんか。
f0194829_1539886.jpg


冬だからと理屈をつけて豊かな食事となった。
f0194829_15391469.jpg

久々にJET BOILでも出すかあと思ったけど雪無さそうだったので水筒をナルゲンの1リットルにアップして
その変わり火器をT‘s stove 超軽ブラッシュに。
鍋はMSRチタンケトル。
f0194829_15392234.jpg

モンベル2番+Hiker`s depot Top quilt。
MPI オールウエザーブランケット(カットオフ)+百均銀マット+リッジレスト。
寝間着上:行動着+マイクロパフフード付き。
寝間着下:行動着+モンベルダウンパンツ。
室内最低でマイナス4度位、結構快適だった。
f0194829_15394739.jpg

f0194829_0591712.jpg


満月と満天の星からの朝焼けへの流れは完ぺきだった。
f0194829_063551.jpg


4時半起床、α米食し6時出発。
鷹ノ巣山頂より。
f0194829_15401989.jpg
f0194829_15402432.jpg
f0194829_1540308.jpg
f0194829_1540594.jpg

f0194829_1552469.jpg

f0194829_1541669.jpg

f0194829_1541132.jpg

f0194829_0391111.jpg

f0194829_0292627.jpg


来た道を戻るのは嫌いなので石尾根を歩き六つ石山まで行き、ハンノキ尾根を下りた。
f0194829_15412844.jpg

この辺で鹿を20頭くらい見る。
ちょっと多すぎじゃないか。
f0194829_15414255.jpg

ラストの樹林帯の下りはかなりヘビーだけど、ここを登って来る人と4~5人すれ違った。
f0194829_15415791.jpg

f0194829_055936.jpg

これ書いてる時点では山は真っ白と思われる。
いいなあ。
[PR]
by yasler | 2010-02-03 15:53 | 歩記
<< 奥秩父の旅 山の営み >>