雲取とか狼平

5月22日~23日
西武秩父駅~三峰神社~雲取山荘(幕営)~雲取山頂~狼平~サヲラ峠~丹波~奥多摩駅
f0194829_0384631.jpg

最近は雲取の周りをうろついてばかりで、久しく山頂に立ってないなと思いピークハントしてきた。
2時間寝坊するも急行を駆使し何とか西武秩父発のバスに間に合う。
fine trackスキンメッシュシャツ、パタのキャプ2長袖で歩き出すがまるで夏山のような陽気で、早速汗が噴き出す。
雨の予報が上手く外れてくれたようだ。
ザックは久々のgolite DAWN。
f0194829_038729.jpg

このルートは雪が深い時期に一度通った事があり、大変難儀した覚えがあるが今回は難なく幕営地の雲取山荘に着いた。
今回は先日三鷹で購入したgoliteのULTRA LITE PONCHO SHELTERを張ってみた。
ポンチョにもなるけど雨が降ったら事実上兼用は出来ないのでレインウエアは別に持った。
f0194829_22492912.jpg

f0194829_22494260.jpg

SIL TARPより短辺が短く幅がとれないので強い雨が降ったら厳しそう。
もっと低くする事もできるけれど、あぐらをかくにはこのくらいの高さはキープしたい。
まあ、ブリーズドライテックのシュラフカバーがあるのでいざとなったら腹をくくるしかない。
そもそも濡れるのが嫌だったらタープなぞ張るべきではないだろう。

小屋で買ったビールを飲みつつ晩飯の支度。
まあいつもの感じ。
火器はこのT's Stoveの固燃Ti五徳燃焼台で落ち着いているが、ちょっと今はこれ以外の物を使う気になれない。
f0194829_2303325.jpg

いつもは2食分のα米(白米)をカスタムして1食ずつに分けるけど、今回は1食分の五目御飯にひじきや塩コンブを入れて持って行った。
f0194829_2304529.jpg

ちなみに麺類も先割れスプーンで食べる。
f0194829_2305927.jpg

ビール2本で眠くなってしまい8時頃に就寝。
寝袋はHIKER`S DEPOTオリジナルの試作初号機をお借りしてきた。
フード部分が省略されたいわゆる半シュラの形状。
モンベルの4番と同じ羽毛量との事だったがロフトが比べ物にならない。
さらに改良された2号機も出来ているのであまり参考にはならないけれど、明らかに手持ちのシュラフとは別格だった。

シュラフは上等だし気温10度と寒くもないのだけど何のアレルギーなのか、鼻水、くしゃみが止まらない。
鼻をかみすぎて両鼻から出血する始末。
おかげで大して眠れず朝に。
メープルシロップを塗りたくった食パン、早ゆでクルルを食す。

ところで昨日から隣のテントが気になる。
monbell×OD-BOXのUNOドームシェルターの前にT'sの風防にトランギア、スノーピークカップのフタ等が転がっている。
声をかけてみると20代の男性で、やはり三鷹の常連さんだと言う。
ザックが真新しいJAM2で何でも今回が初めてのテント泊だとの事。
今までもザックだけとか、靴だけとか部分的に取り入れている人は見かけたけれど、ついに初めて軽量化志向のハイカーに山で出会った。
僕などは三鷹のご主人の門下生のつもりなので、兄弟弟子に出会った気分だった。

三鷹で会いましょうと挨拶をして山頂を目指して出発。
山頂に立つがあまり見晴らしが良くなく期待した雲海もあまり出ないのですぐ後にする。
f0194829_23574515.jpg

鴨沢に下りるつもりだったけど天気が良いので、以前から気になっていた狼平を通って丹波に下りる事にする。
f0194829_0172.jpg

林の中でどういう植生になっているのか、ぽっかりと苔に覆われた広場が現れる。
丹波天平といいこのあたりは面白い光景を見せてくれて、本当に何回訪れても飽きない。
f0194829_0124864.jpg

f0194829_013310.jpg

f0194829_0135193.jpg

相変わらず気持ち良いトレイルの中下山の気の緩みからか、何もない平地で左足首をひねってしまった。
ローカットシューズのせいと言うよりは全くの油断だった。
f0194829_0262048.jpg

「バキッ」という音がしたので筋でも痛めたかと思ったけれど、じんじんと痛むだけでなんとか歩けそう。
足は少し痛むが10時45分のバスを逃すと14時台まで無いのでハイペースで飛ばす。
下山すると同時に足が痛んできて、触ると腫れぼったくなっている。
帰宅後見てみるとこんな感じになっていた。
f0194829_0274985.jpg

f0194829_028794.jpg

歩き慣れているし特に難しい所のない山行だったけれど、ナメてはいけないと再認識した。
下山後三鷹でパッキングしたままザックの重量(食糧の残り、ゴミ、温泉後の着替え込み)を量らせてもらったら6kg弱あった。
ゴミなどを除いたベースウエイトが5kgちょいというところか。
そろそろ数字遊びが出来る季節になってきた。

考察
・タープの張り方のバリエーションを増やしたい。
・足用のテーピングテープが必要(指用の細い物を持って行った)。
・足首が固定されないローカットシューズなりの歩き方を意識しなければいけない。

 
[PR]
by yasler | 2009-05-25 22:15 | 歩記
<< 山男からの便り 丹波天平来訪その2 >>